ジャズを愛する全ての人へ

ジャズ

ジャズと楽器とお金の関係

ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。
出典:wikipedia

西洋楽器はそもそも値段が高く、そういうわけでジャズは誰でも手軽に始めれられるものではありませんでした。スィングガールズとう映画がありますが、女子高生たちがバンドを結成し、バンド用の楽器を買うためにアルバイトし楽器を手に入れるシーンが有ります。

 
 

スィングガールズを見ると体が勝手に動く

スィングガールズは2004年に後悔された映画ですが、まだまだ未だに見ても新鮮!と感じられる作品の1つです。

どこが新鮮かというと、山形という田舎なのに、『ジャズやるべ』という合言葉のもと、話がどんどん進んでいきます。そして当時頃から注目を浴びていたビッグバンドをテーマに、軽快な音楽をふんだんに使用して進んでいく映画なので、見ていると勝手に体がリズムに乗って動くという人もいるのではないでしょうか。それほど、軽やかで、軽快で映画に入り込んでしまうのです。

また田舎の女子高生というあか抜けない主人公たちが、ジャズに挑戦するということも面白いテーマです。なかなか高校生でジャズを、しかもビッグバンドですると考えることは少ないのではないでしょうか?

そんなあまり予測できないことをやってのける、そして青春って素晴らしいって思わせてくれる、そんな映画です。みると心があったまる、スッキリすること間違いなしですよ。
 
 

ジャズを始めたい人のために捧げる、お金を工面する方法

私達にとって消費者金融はとても身近な存在となりつつあります。『お金がどうしても必要』という状況に陥った際、消費者金融を利用しようと考える方が多いのではないでしょうか。しかし、消費者金融へお金を借りる場合は必ず『利息』がかかります。消費者金融の金利は4.5%~18.0%程度です。もし金利18%で100万円を借りた場合、一年後には118万円を返済しなくてはいけません。18万円分を余計に支払う必要があります、これは決して安い金額ではありません。このように大きな利息を払わなくとも、よりお得にお金を工面できる方法が沢山存在します。

お金を自分で工面する

お金を借りる手段は様々ですが、利息・担保などの何らかのデメリットが存在するものが多いです。「借金をしている」という事を他人に知られる事に抵抗がある方も多いと思います。まずはお金を借りずに済む方法からとりかかりましょう。

不要なものを売る

●リサイクルショップ・オークション
リサイクルショップへブランド物や貴金属、金券などを持っていくと、すぐに現金を手に入れることができます。衣類などもまとめて買い取る店舗もあります。商品を持っていき査定の申込をするだけですので手間はかかりませんが、買取金額は安い傾向があります。

もし時間に余裕があるのであれば、手間はかかってしまいますがオークションへ出品したほうがより多くの現金を手に入れられます。オークションのサイトでは過去の落札価格などを検索できますので、それを参考にして、高く売れそうなものはオークションへ出品しましょう。オークションの経験が全くなく不安な方は、オークションへ代わりに出品をしてくれるオークション代行を利用するのも手です。

●金目のものを手放したくない場合は質屋を利用する
貴金属やブランド品は所持しているけれどどうしても手放したくない、という場合は質屋に品物を『質入れ』してお金を借りるという方法もあります。質屋は歴史ある貸金業であり、現代でも大黒屋・さのやなど、多くの質屋が営業を行っています。

まず貴重品を質屋に持っていき、その品物を査定してもらいます。その査定の金額により融資を受けることができ、品物は一定期間店舗に預けられます(3か月間預かりの店が多いです)。預けた品物は、融資を受けた金額と利息を支払えば手元に戻ります。利息は消費者金融よりも安い金額で設定されている店がほとんどです。融資の期限を延長したい場合は利息分のみを店舗へ支払います。返済も利息も払わない場合は『質流れ』となり、その品物と引換に貸付金はなくなります。原則として取り立ては一切ありませんので、安心して利用することができます。

日払い可能なアルバイトを探す

時間に余裕がある場合、単発で働くことができ、日払いに対応している仕事を探す方法もあります。ショットワークス、はたらこねっと、タウンワーク、anなど、インターネットの求人サイトにそのような仕事が紹介されています。特に『ショットワークス』は短期・単発アルバイトに特化していますので、働く時間があれば探してみるのもよいでしょう。

ここで注意しなくてはいけないのは、既に他に仕事をしている場合です。就業規則で副業を禁止している会社も存在します。現状、副業の禁止については黙認している会社も多いのですが、十分に注意を払ってください。また、公務員・公職は原則として副業ができません。

定期預金を解約・口座貸越を行う

●定期預金の解約
定期預金は、金融機関に一定期間の間お金を預けることで高い金利がもらえる預金です。定期預金は手続きをすれば途中で解約が可能です。高額な定期預金の場合は、現金を用意する関係もあり、事前に通知することが必要なこともありますが、小口の場合は窓口でその日のうちに現金を受け取ることが可能です。用意するものは通帳、キャッシュカード、印鑑です。

定期預金を途中で解約すると、『中途解約利率』という、定期預金を満期まで預けた場合よりも低い金利が適用されますが、預けたお金がマイナスになること(元本割れ)は決してありませんので安心です。しかし最近では定期預金でも『仕組定期預金』という、高い金利と引き換えに中途解約ができない定期預金もあります。仕組定期預金は途中解約ができても違約金がかかる場合がほとんどですので、定期預金の規約を確認するようにしましょう。

●口座貸越
定期預金を組んでいるけれど解約はしたくない、という方は口座貸越を検討するのもよいでしょう。口座貸越とは、銀行の総合口座を持っている方が、普通預金口座で残高が不足してしまった時に、その不足分を定期預金口座から自動で借入できるサービスです。『貯金担保自動貸付』『自動借り入れ』等とも呼ばれます。

いくら貸付を受けられるかは定期預金の金額によって決められており、定期預金の9割程度に定めている金融機関が多いです。また、あくまでも『貸付』の分類ですので、貸付を受けた分については利息がかかります。長期間口座貸越を利用する予定の場合は、は定期預金を解約したほうが得になる場合がありますので、その点は注意しましょう。

生命保険の契約者貸付を利用する

お金に困ってしまった場合、既に契約している保険の解約を検討することもあるかもしれませんが、生命保険には『契約者貸付』という制度が存在します。生命保険には解約した際に戻ってくるお金(解約返戻金)が定められていますが、これの範囲内で融資を受けることができるのです。終身保険や学資保険など、満期が決まっていてまとまった金額が受け取れる保険では、この契約者貸付制度がほぼ存在しているはずです。

利用限度額は解約返戻金の90%程度に定められていることが多く、無審査で借りることが可能です。金利は保険契約や会社の状況に変わってきますが、一般的なキャッシングよりは低く設定されています。返済の期限は決まっていませんが、貸付ですので借りている間は利息がかかります。また、貸付金額+利息の金額が解約返戻金を超えてしまうと、保険の契約が失効してしまうこともありますので気を付けてください。

民間の金融機関の融資を利用する

公的な支援が受けられず、お金に困ってしまった場合、民間の融資を申し込むことになります。ここでは民間の融資を申し込む際のポイントを紹介します。

短期ならば無利息サービスのある金融機関を

一ヵ月以内に確実に返済ができる場合は、消費者金融や一部の銀行ローンなど、無利息期間の設定されている金融機関を選びましょう。消費者金融は、初回の融資のみ30日間の無利息期間を設けている会社が多いです。その無利息期間のうちに返済をすれば、利息の負担を一切することなく融資を受けられます。

担保があるなら有担保ローン

担保というものは、お金を借りた人が万が一お金を返せなくなった際に保証とするものです。お金を貸す側は、借りた側が返済できないというリスクを考えて利息を設定しているのですが、担保があればその心配が少なくなりますので、利息が無担保のローンより低く設定されています。返済が滞った場合は、担保を売ってそれを返済に充てるという形をとります。不動産担保ローン、自動車ローンなどが存在しますが、自動車ローンは悪質な業者もありますので、申し込む際は気を付けてください。

目的が決まっているなら目的別ローン

目的別ローンというのは、資金の使い道が決まっているローンのことです。例えば住宅購入のための住宅ローン、車を購入するためのマイカーローン、教育ローン、レジャーローンなど、銀行によって用意されている商品の種類が異なります。このような目的別ローンは、用途が自由な『フリーローン』に比べて金利が低く設定されていますので、目的がはっきり決まっている場合は銀行の金融商品を確認してみましょう。

消費者金融と銀行の違い

民間で融資を行っているのは主に銀行と、ノンバンクと呼ばれる消費者金融です。金利は銀行のほうが低めに設定されていますが、審査も少し厳しいと言われています。また、消費者金融には『総量規制』という決まりが適用されています。消費者金融などの貸金業者は、合計して年収の3分の1以上を貸付してはいけないというルールです。しかし消費者金融は無利息期間があったり、提携しているATMが多かったりと、即日融資がOKのところも多数あり、使い勝手がよいのが特長です。

公的な支援を受ける

民間の金融機関へ行く前に、公的な支援を受けることができないか検討をしてみましょう。返済の必要がないものや、ごく低い金利で融資を受けることができる様々な支援制度があります。それぞれ申込には条件がありますので、自分が当てはまっているかどうか確認をしてみてください。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、各都道府県の社会福祉協議会が行っている公的な融資制度のことです。この制度は、必要な資金を他から借りることができない低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯などを対象としている制度で、生活を支援するためのものですので、すでに債務を抱えている人は利用ができません。ある程度の安定した収入があり、消費者金融を利用できるような生活状況であれば、そちらに誘導されることもあります。そのため審査に通るのは難しいと言われている制度です。

年間の金利は1.5%~3.0%と、民間の融資と比べると大幅に安く設定されています。連帯保証人がいれば無利息で融資可能です。申込をするためには、住んでいる各都道府県や各市区長村の社会福祉協議会へ相談します。地域の民生委員も生活福祉資金貸付制度の相談を受け付けています。条件を満たしそうであれば相談をしてみるのもよいでしょう。

生活福祉資金貸付制度には4つの種類があり、それぞれ細分化されています。

●総合支援資金
失業などの理由で生活を維持することができなくなってしまった世帯に、生活を再建するための費用を貸付する制度です。

・生活支援費…生活を再建するまでに必要な費用を毎月融資します。二人以上は月20万、単身は月15万を3ヵ月~12ヵ月間。

・一時生活再建費…生活を再建するために、一時的に必要となる費用を融資します。たとえば、債務整理のために必要な手続き費用・滞納して支払ができない公共料金の支払費用・就職や転職のために必要な技能を習得するための費用などです。

・住宅入居費…礼金・敷金など、住宅の賃貸契約の時に必要な費用を融資します。

●福祉資金
障害者世帯、高齢者世帯、低所得者世帯に、生活資金や福祉に必要な資金、資格や技術を習得するための資金を融資する制度です。580万円以内で、用途によって目安額が設定されています。一時的に生活が困窮してしまったときに10万円以内で急遽貸付を行う『緊急小口資金』もあります。

●不動産担保型生活資金
住居(不動産)を所有していて今後もそこに住む予定でいる高齢者に、その住居を担保にして生活資金を貸し出します。『不動産担保型生活資金』と『要保護世帯向け不動産担保型生活資金』があり、それぞれ土地や建物の評価額によって借入できる金額が決まります。

●教育支援資金
低所得世帯の人が高校や大学、高専へ就学するための経費を貸付します。月々の学費を支援する教育支援費と、入学の時に必要な経費を支援する就学支度費があります。

住居確保給付金

平成26年まで『住宅支援給付』という、住居がないもしくは住居を失う恐れのある人を支援する制度がありましたが、現在は廃止されています。平成27年度より『生活困窮者自立支援法』が施行され、それに基づいた『住居確保給付金事業』が住宅支援給付の代わりとなっています。

住居確保給付金は、65歳未満の方で離職してから2年以内で、住まいがないもしくは失う恐れのある人に、就職を支援し、3ヵ月間の家賃を助成する制度です(条件によっては3ヵ月以上も可能です)。給付を受けるには条件が決められていて、以下のすべてを満たす人のみです。

・仕事を失った日から2年以内で、申請をする日に65歳未満である
・仕事を失うなどの理由で生活が困窮していて、住宅を失ってしまった、もしくは失う恐れがある
・ハローワークに求職を申し込み、熱心に求職活動を行っている
・仕事を失ったときに、住んでいる世帯の生計を中心に支えていた
・申請者自身と、生計をともにする同居の親族全員が、『暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律』にあてはまる暴力団員ではない
・申請をする月に、申請者および申請者と同じ世帯の人の金融資産の合計が100万円以下で、なおかつ一定額以下(この基準は区市町村によって異なります)
・申請をする月に、申請者および申請者と同じ世帯の人の収入が一定額以下(この基準は区市町村によって異なります)
・申請者自身と、生計をともにする同居の親族が、国の雇用政策の給付金(職業訓練受講給付金など)を受けていない

条件となる収入の基準や支給金額などは地域によって異なっていますので、お住まいの
区市町村のホームページや、役所の福祉関連の課へ確認をしてみてください。

求職者支援制度

失業しても元の会社の雇用保険を受けることができない人に対し、無料の職業訓練を行い、ハローワークが就職支援をすることで、安定した就職を実現するための制度です。ここである一定の要件を満たせば、『職業訓練受講給付金』を受けることができます。以下の全てに当てはまる人が対象です。

・訓練実施日に全て参加している
・本人の収入が月8万円以下
・世帯の収入が月25万円以下
・今住んでいるところ以外に建物や土地を持っていない
・世帯の金融資産が300万円以下
・同世帯の人の中に、この支援の給付を受けている人がいない
・3年以内に、不正をして給付金の支給を受けていない

受付の窓口は、住所を管轄しているハローワークです。条件を満たせば、月10万円と交通費の支給を受けることができます。貸付ではないので返済は不要です。

教育一般貸付(国の教育ローン)

教育一般貸付とは、日本政策金融公庫が行っているサービスの一つです。子供が学校へ入学したり、在学している保護者向けの公的な融資です。融資限度額は子供一人あたり350万円まで、金利は年2.15%と、民間のローンよりもはるかに安く借入を行うことができます。返済期間は15年以内で、子供の在学途中は利息のみの支払も可能ですので、余裕をもった返済が可能です。

融資の対象となる学校は、中学卒業以上が対象で、修業年限が6ヵ月以上の施設が対象です。高校、大学、専門学校はもちろん、職業能力開発校などの教育施設や外国の高校・大学への留学も対象になります。独立行政法人日本学生支援機構の奨学金とあわせて利用が可能です。

教育一般貸付には、子供の人数によって申込できる年収の上限があります。たとえば、子供が一人の場合、年収が790万円以上の方は申込ができません。申込には審査がありますが、年収の下限は特に設定されていません。世帯の年収が200万円以下の場合は優遇制度もあります。申込は近くの窓口、もしくは日本政策金融公庫のホームページから行うことができます。

生活保護

手を尽くしても、最低水準の生活が送れない場合は生活保護を検討することとなりますが、あくまでもこれは最終手段です。債務がある場合は申請ができませんので、先に債務整理を行ってください。生活保護を申し込む前には、あらゆる手段を講じている必要があります。

・親族から援助を受ける
・生活に利用していない建物、土地は全て売却する
・働くことができる場合は労働に就く
・他の公的手当や年金を利用できる場合はそちらを頼る

全て手を尽くしたうえで、厚生労働大臣の定める最低生活費と世帯収入を比べ、世帯収入が最低生活費以下になってしまう場合、生活保護の申請が可能です。実際に申請を行うと、上記を満たしているかどうかの調査が実施されます。